ホットスポットファインダーについて

ホットスポットファインダーの正確さ(校正)

20130901

ホットスポットファインダー(以下「HSF」)は、空間線量計を校正できる正規の事業所である「ポニー工業」によって企画・販売されています。

日本国内ではどのような空間線量計も、「JSCC」という国が認めた認証に則り校正されることが、本来必要です。(JSCC自体は空間線量に限らず度量衡の様々な値の校正に関する認証ですがここではその話は割愛します。)
http://www.jcsslabo.or.jp/(JCSSサイト。)

ポニー工業は、民間ではたった二社しかないJSCC認証を取得している事業所なので、
自社で値を校正できるという大きな強みがあります。

そのポニー工業によってつくられ、販売されているHSFは、
一台一台が、校正証明書付きで届きます。

当所に届いたHSFの校正証明書がありますので、ご参考までに複写を掲載いたします。
1~10μSv/hの10段階で値がしっかりと確認され、誤差も非常に小さいことが分かります。

普通、一般の線量計の校正では、10段階も確認することはないそうです。

10段階の校正を行っているのは、この測定機の正確性確保にかけるポニー工業さんの熱意と感じています。

このように多段階でしっかりと校正されたHSFですから、
γ線計測に関しては、非常に高い精度を誇り、
他の線量計の値の正確さを確認する、簡易基準器として使えます。

こどもみらい測定所では、HSFでの測定に伺う際、空間線量計をお持ちの方には、お手持ちの線量計を持参して頂くことをお勧めしております。

それは、ご自分の線量計が、どのような線量のところで、どのぐらいの数値を示すのか、様々なケースで確認することが、その線量計の正確さや性質を把握する上で役に立つからです。

どうぞ、HSFと一緒に移動する際には、是非お手持ちの線量計をお持ち下さい。

タグ
ホットスポットファインダーspec

関連ページ