食品・土壌の測定のお申し込みと測定料金表


「こどもみらい測定所(愛称:こどみら測定所)」は、主に食品・土壌の放射線量を測る市民測定所です。ベラルーシのATOMTEX社製「AT1320A」という測定器を使い、測定いたします。

検出下限値は、メーカー保証は概ね5Bq/kg程度で、測定値や誤差値、スペクトル図を含めたデータを、 シートで検体測定後にお渡しさせて頂きます。

また、こどもみらい測定所では、「できるだけ低い検出下限値を知りたい」という皆様のニーズにお応えして、時間の許す限り延長測定を行い、参考値としてより低い下限値まで絞り込んでおつたえさせて頂くことを、無料で行っております。是非ご活用下さい。

測定のご利用をお待ちしております!

こどもみらい測定所では、依頼者の方に許可をえた検体の測定情報を公開しておりますが、
測定に来てくださる方の「測定」がいのちです。
それがないことには、情報の発信もなかなかしようがありません。

当所は、二台の測定器があり、見分けが付きにくい検体は、延長料金無料で、
最長で65000秒の延長測定を行っております。
3000円は家計的には安くないかもしれませんが、
最長測定で検体密度が十分であれば2~3Bq/kgほどまでの測定が行われることは、
決して高くもなく、価値を感じて頂けると自負しております。

測定の待ち時間は、お隣のカフェスローさんでお食事やお茶をしてお待ち頂けます。
または、当所にて、過去データを閲覧していただいたり、
スタッフに色々ご質問などしていただければ、できる限りお話しさせて頂きます。

市民測定所は,測定が要です。
どうぞ、皆様の測定のご利用をお待ちしております。

                             こどもみらい測定所
                               代表 石丸偉丈

食品および土壌等の測定料金

基本測定1回分3000円
基本測定2回分(同日)5500円一回あたり、2750円
基本測定3回分(同日)8500円
基本測定4回分(同日)10000円一回あたり、2500円
多数検体測定料金48回測定120000円一回あたり、2500円。例:月4回12ヶ月。

土曜日は「土壌の日」: 複数検体を測定しやすいよう、土壌の日として、割引料金を設定しています。
土曜日を土壌測定割引デーといたしました。
詳細はこちら

郵送も受け付けております: 遠方の方や、なかなか当所までお越しになれない方のために郵送測定を行っております。ぜひご利用ください。
郵送の詳細はこちら


冊子「はかる、知る、くらす。」にご興味をお持ちくださりありがとうございます。
当冊子は、原発事故から3年がたった今、どのようなことを、どのように気をつけて暮らして行けばいいのかを、専門家の先生がたにお話を伺い、わたしたちと仲間が積み重ねてきた知識をまとめた本です。

(冊子についての詳しい説明はこちら

当ページでは、入手方法についてご説明申し上げます。

「はかる、知る、くらす。」をご入手いただくには、
郵送か、配布拠点へ直接取りに来ていただく方法の二つがあります。

郵送をご希望の場合は、ページ下部のお申し込みフォームにご記入ください。
冊子は無料となっておりますが、送料は着払いをお願いしております。

直接の受け取りをご希望の場合は、
お近くの配布拠点にて、配布可能日時等をご確認の上、お受け取りください。
(配布拠点情報をご確認ください。)

尚、ご入手後は、以下の感想ご記入フォームに、ぜひお書き込みください。
また、お配りになった方々にも、以下のフォームに感想などをご記入いただけますよう、
お伝えください。どうぞ、よろしくお願いいたします。 ご感想ご記入フォーム

「はかる、知る、くらす。」もくじ

第1章 放射能ってなに?
●菅谷昭さんに聞く「被ばくによる健康被害と、私たちができること」
●コラム「おすすめの書籍 〜放射能をよりよく理解するために」

第2章 放射線測定について
●小豆川勝見さんに聞く「測定を続けることの意義」
●座談会「市民測定所が見てきたこと、これから行なうこと」
●コラム「市民測定所ってどんなところ?」
●コラム「マイクロホットスポットを『見える化』する」

第3章「これから」をくらすために
●絵で見る「これからをくらすためのポイント集」
●5つの気をつけること

全国主要市民測定所&全国主要保養協力団体リスト
東アジア原発マップ
用語集

*パーソネル
共同監修:菅谷昭/小豆川勝見
協力:新井かつ子/吉野裕之

表紙と扉の絵:松本春野
第3章の絵:イトウエルマ
菅谷昭さんインタビュー写真:加藤晋平


現在は、コミック版を主に配布しております。


上記の冊子『はかる、知る、くらす。』は、在庫がなくなり次第、一旦終了とさせていただきます。
この『はかる、知る、くらす。』コミック版は、先立ってリリースした『はかる、知る、くらす。』のイラスト部分を中心に据え、市民測定所の役割などを伝えるコミックを巻頭に付け、ふりがなや詳細な用語解説を加えました。オリジナルの『はかる、知る、くらす。』のエッセンスを凝縮し、小学校高学年以上のお子様たちにも読んでいただけるようにしたものです。イトウエルマさんの優しいイラストも相まって、親近感を抱かせる内容になったと感じています。

 原発事故から3年がたち、被災地への「帰還」を選択する方々も増加しています。そんな「いま」、追加の被ばくを少しでも減らしながら日々を暮らす大切さを再確認し、少しでも多くの方々と共有したい、という思いから、この冊子は、他シリーズと同様「無料」で配布しております。インターネット等での注文と同時に、冊子を常備する「配布拠点」を、福島県を中心に設置し、気軽に手に入れられるようにしています。

 なお、このコミック版に関しては、今後、福島県を中心に開催を予定している、子ども向けの放射能に関する出前授業「はかる、知る、教わる(仮題)」においても、教材として使用して行く予定です。都度、情報をお伝えいたします。

「はかる、知る、くらす。」 お申込フォーム

(発送には少々お時間をいただいております。また、部数が多い場合は、2週間ほどのお時間がかかる場合がございますのでご了承下さい。)

◎送料について

100冊以上をご希望の方は、こどもみらい測定所までご連絡ください。

冊数関東・東北関西・中国・四国北海道・九州備考
1~3冊まで200円200円200円メール便でお送りします。
10冊800円1000円1200円沖縄・離島の方は別途計算。
25冊1000円1250円1500円沖縄・離島の方は別途計算。
50冊1500円1650円1800円沖縄・離島の方は別途計算。

配布拠点リスト

配布拠点の詳細はリンク先でご確認ください。また、品切れの場合は、ご了承ください。
コミック版は、10月初旬より配布拠点に送付の予定です。在庫をご確認の上
お寄りください。
詳細な配布拠点リスト

市町名施設名備考
福島市フォーラム福島上映時間内にロビーで入手可能
まちなか夢工房月〜土曜日 9:00〜18:00(日曜日10:00〜)
ふくしま地球市民発伝所月〜金曜日10:00〜18:00(要事前連絡)
NPO法人ふくしま30年プロジェクト(旧「CRMS市民放射能測定所福島」)開所時間: 11:00〜13:00 14:00〜19:00定休日:水曜日
湯野川商店9:00〜19:00 定休日(不定休)
二本松市道の駅ふくしま東和9:00〜18:00
郡山市NPO法人コースター日祝日、年末年始はお休みの場合があります。平日日中でも事務所を不在にする場合があります。
NPO法人市民メディアイコール事務所月〜金曜日13:00〜18:00(要事前連絡)
3a! 郡山平日の朝10:00 ~ 夕16:00
須賀川市銀河のほとり月・火・水曜日 11:30~14:30 木・金・土曜日 11:30~20:00 日曜日 11:30~16:30(要事前連絡)
三春町えすぺり事前に店舗へご連絡ください
会津若松市会津放射能情報センター事前にご連絡ください
会津若松市会津坂下町社会福祉協議会月~土:9:00~17:00、日曜・祝日・年末年始、お盆中閉館
喜多方市茶房 千営業時間 10:00〜18:00 定休日木曜
南相馬市放射能測定センター・南相馬「とどけ鳥」火・水・木・金 10:00〜16:00
いわき市平スカイストア10時〜18時 定休日:第1、3水曜日
いわき市小名浜いわき市小名浜地区復興支援ボランティアセンター毎週水曜日・日曜日・祝日休み
仙台市カトリック仙台教区サポートセンター休日なし、10:00~17:00(要事前連絡)
山形市フォーラム山形・ソラリス上映時間内にロビーで入手可能
山形市復興ボランティア支援センターやまがた(9:00~17:00 休 館 日:土日祝日、年末年始)
那須町非電化工房・NPO法人那須希望の砦事前にご連絡ください
茨城県守谷市常総生活協同組合月~土曜日8:30~18:00
千葉市ちば市民放射能測定室「しらベル」(準備中)
新宿区国際協力NGOセンター(JANIC)月〜金曜日9:30〜18:00
渋谷区ADRA JAPAN10:00-18:00日曜休み
世田谷区ふくしまオルガン堂下北沢事前にご連絡ください12:00~18:00
国分寺市こどもみらい測定所水~日曜日 12:00~18:00
横浜市男女共同参画センター横浜9:00〜21:00 日曜・祝日 9:00〜17:00
鎌倉市カトリック雪ノ下教会9時半〜16時半まで、祭日はお休みします

「放射線見える化プロジェクト」のキックオフミーティングを開催しました

9月23日、国分寺市のカフェスローで「放射線見える化プロジェクト」のキックオフミーティングを開催しました。そのレポートをお送りいたします。

顔を合わせて「思い」を共有したひととき

「放射線見える化プロジェクト」は、高性能の空間線量計「ホットスポットファインダー(HSF)」を活用して、各地の空間線量を計測し、その結果を広く公開していくプロジェクトです。各地でワークショップも開催しながら計測データを積み重ね、東日本の空間線量マップを作ることも計画しています。

先日、プロジェクトの第一弾「HSFを手に入れる」が、皆様のご支援のおかげで達成できました。

今回は、そのHSFを使って「各地の計測」を行なっていくにあたり、ご支援いただいた方々に、HSFの機能をご紹介しつつ、プロジェクトの概要をご説明すると同時に、個別測定についてのご相談、さらに「みんなで測ろうプロジェクト」の測定地域の検討を行ないました。

「みんなで測ろうプロジェクト」は、放射線見える化プロジェクトの一貫で、こどもみらい測定所が、ご支援いただいた皆様とともに考えながら、特に注目度が高く重要と考える首都圏の地域をピックアップして計測し、結果を公表するという「共同プロジェクト」です。

ご支援いただいた方々には、あらかじめ測定を希望する市区町村を伺っていましたが、今回のミーティングにご参加いただいた12名の方々に、改めてご希望や思いを伺いました。

                  ◆

ミーティングでは、八王子市〜高尾山、世田谷・杉並区、練馬区の公園、軽井沢といった具体的な計測地に加え、コンセプトやプロジェクトの意義についてのアイデアが次々に出てきました。いくつかあげてみましょう。

多くの方々にとって注目すべき場所を、というアイデアから「東京五輪」の
会場になる予定の、豊洲や葛西臨海公園周辺などを測ろうという話が出ました。

また、これから子どもを産む「若い女性たちが集まる場所」を、というアイデアから、原宿や渋谷、吉祥寺などの繁華街を測ろうという話も出ました。

さらに、東京の外からの方々が来る「観光地」はぜひ測るべき、というアイデアから、浅草寺、皇居周辺、スカイツリー、隅田川流域を測ろうという話も印象的でした。

そして、ほぼ全員の方々が口をそろえたのは、「福島」を計測したい、という思いでした。「福島県に住む方々に、細かなスポットに至るまで、その地の正確な空間線量を伝えたい」という福島県出身の方の思いに、前日まで福島県各地でHSFでの計測を行なっていた当所の石丸も、現地を計測した印象をお伝えするなど、幅広い内容で語り合うことができました。

3時間以上もの時間をかけて、ご支援いただいた方々と顔を合わせながら、プロジェクトに対する思いを共有することができ、とても有意義なミーティングとなりました。

                 ◆

こどもみらい測定所では、既に皆様からいただいている希望計測地に加え、今回のミーティングでお伺いした内容をもとに、「みんなで測ろうプロジェクト」での計測地を決定いたします。

「みんなで測ろうプロジェクト」の計測の際には、ぜひ、皆様にもご参加いただき、一緒に計測しながらさまざまに意見を交換できればと願っております。

計測地の決定は10月上旬、実際の計測は10月中旬から約2カ月かけて行なおうと予定しています。

決定した計測地や、計測の日程などは、
●こどもみらい測定所の当サイト( http://memoli4future.com/kodomira/ )
●専用フェイスブックページ(準備中)
●専用ツイッターアカウント(準備中) で、
おしらせしていきます。

また、「個別測定」に関しても、既にご支援いただいた方々を優先に10月から行なってまいります。日程や計測範囲のご相談は随時行なっております。既にご支援いただいている方々はもとより、あらたに計測をご検討されている方も、お気軽にお問い合わせください。


はじまったばかりの「放射線見える化プロジェクト」ですが、皆様のお力をいただきながら、良いプロジェクトにして行こうとスタッフ一同張り切っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

家の周り、通学路、旅行先…。
サポーターの皆さんのリクエストに応えて
空間線量を測る共同プロジェクトです。


サポーターの皆さんのご要望に応えて、各地の空間線量を測ります

私たち「こどもみらい測定所」は、食品や土壌の放射線量を測る市民測定所として、
開所以来数多くの測定を行ってきました。

今回のプロジェクトでは、クラウドファンディングShooting Star 元気玉のシステムを利用して、空間線量計「ホットスポットファインダー」を入手し、311直後から問題になっている首都圏を中心とした各地の空間放射線量をサポーターの皆さんからのご要望にお応えしながら計測していく、私たちとサポーターの皆さんとの共同測定プロジェクトです。

クラウドファンディング  ご協力ありがとうございました!!


元気玉 「放射線見える化プロジェクト」

元気玉 「放射線見える化プロジェクト」

Shooting Starの「放射線見える化プロジェクト」は、多くの皆様(重複含めて129名)のご支援を頂き、
149万6千円の大きなご支援・ご賛同金の入金をもって、
無事、「放射線見える化プロジェクト」のクラウドファンディングは終了いたしました!!

期間中、多くのご支援を頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

ホットスポットファインダーの購入資金以上のご支援・ご賛同を頂き、無事、機器が購入できることとなりました。ここからが、測定の本番です。

お申込下さった皆さまの元へお伺いし、計測・見える化の取り組みにこれから尽力してまいります。

順次、測定の予定を調整してまいりますので、
計測プランにお申込くださった皆様、後で変更も可能ですので、
どうぞまずは計測値のご希望をお伝え頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

                2013年8月26日

                 こどもみらい測定所 放射線見える化プロジェクトスタッフ一同

~子どもたちを守りたい~ プロジェクトの背景


2012年11月18日(日)土と平和の祭典(日比谷公園)

2012年11月18日(日)土と平和の祭典(日比谷公園)

「ホットスポットファインダー」は、精度が高く、反応速度が速く、自動マッピングがなされる、という3点が揃った非常に素晴らしい空間線量計です。

 昨年11月に日比谷公園で開催された「土と平和の祭典」の会場の測定とデモンストレーションにはじまり、製造販売元のポニー工業さのご協力をえて、都内や神奈川、福島など複数箇所を測定して、ブログやtwitterなどで紹介させていただいてきました。


福島第一原発の事故により大地や河川、海などに放出された放射能の拡がりや食物への移行の状況は、ある程度可視化されてきました。

とは言え、国が定めた規制値を超えた汚染食品が流通し、首都圏でもマイクロホットスポットが見つかるなど、被災地のみならず、北関東、首都圏の汚染状況について不安をもつお母さん、お父さんは少なくありません。

私たちがここまで主に行なってきた食品や土壌の測定はもとより、空間線量についても、公的な測定で大丈夫といわれても、各自で確認したいと思うのは、当然の気持ちでしょう。子どもたちを放射能から守るため、思い立ったらすぐにホットスポットの有無を確認できたらどんなにありがたいことでしょう。実際に、私たちには様々な放射能測定に関する要望がよせられています。

こういった切実な願いをかなえてくれる、高機能な空間線量計が「ホットスポットファインダー」です。こどもみらい測定所として、このホットスポットファインダーの性能や魅力はある意味誰よりも十分に分かっていたので、どうにか入手し、多くの方にサービスを提供していきたいと思うものの、私たちのような草の根の団体には130万円もする機器をどう購入するか、という点が課題でした。そのため、今回の「はかる、知る。『放射線見える化プロジェクト』を立ち上げました。

ホットスポットファインダーの特長と実際の使い方


ホットスポットファインダーは、ポニー工業が開発した空間線量計です。精度がきわめて高く、反応度も早い上、GPSによって緯度経度を取得した線量情報を自動的にマップ化することが可能なシステムです。どこでも役に立つのですが、特に、線量の高い地域の方、また子育て中の方々などに大変有益な線量計です。

実際の測定では、非常に線量の低い公園などがあると「ここは低くて嬉しい!」という反応をいただきます。1秒や5秒ごとという速いスピードで測定値が更新されてゆくので、ホットスポットのみならず安心な「クールスポット」もよくわかります。

今回の計測地域は首都圏と一部の東北地方限定ですが、特に線量の高い地域で、子どもはもちろんのこと外での仕事をなさる方々の外部被曝は、充分気をつけてゆかねばならぬ問題で、このような測定器での測定がまだまだ必要です。いずれはそれらの地域の細かな測定を行うことで、実際の線量をもって検討・対話してゆくことができればと願っています。

ホットスポットファインダーについてより詳しい説明はこちらにあります。

今までの測定の模様、測定モニターの方の感想を公開しています。


測定モニターの方の感想です(神奈川県葉山町「もりのわ」さん)

測定モニターの方の感想です(神奈川県葉山町「もりのわ」さん)

「放射能見える化プロジェクト」レポート1 日光

日光周辺車中計測レポート(日光計測レポート2)

道路と林との線量比較(日光計測レポート3)

濃縮について(日光計測レポート4)

ホットスポットファインダーと自転車のチカラ

測定モニター: 福島の子どもたちとともに・世田谷の会

ママレボ編集部さんによる郡山測定レポート

子ども全国ネットさんによる千葉県白井市測定レポート

ひきつづき ゆうちょ銀行口座へのご寄付も受け付けております。


寄付口座のご案内

機材購入については、みなさんからの直接のご寄付も受け付けております。
ぜひご協力をお願いいたします。


寄付口座のご案内

■郵便振替: 00130-6-473116

■銀行口座:
 銀行名 ゆうちょ銀行(金融機関コード 9900)
 店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座番号 0473116
 預金種目  当座

■paypal口座:info☆kodomira.com 宛(☆を半角@に変えてご入力ください)
こどもみらい測定所の活動に、ぜひご協力をお願いします!


お問い合わせ

ご不明な点がありましたら、どうぞお気軽に
メール: hsf☆kodomira.com 宛(☆を半角@に変えてご入力ください)
フォームからお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Special Thanks
今回のプロジェクトメインイメージ(子どもたち写真)
Photo by 山本雅世

おまけ情報



Video streaming by Ustream