アースダイアログ

「福島に生きる今を聴く」 佐々木るりさん トーク & アースダイアログ

20121125

7月の首相官邸前のデモで。撮影:森谷博

多くの方にご来場頂き、深い感動や共感の中、会を終えることが出来ました。
心より感謝申し上げます。
2012年12月26日 こどもみらい測定所 代表 石丸偉丈


以下、当日のUstream放送の録画ファイルです。
一本目が佐々木さんのお話、二本目が石丸との対談、3,4本目がダイアログになります。
お時間のない方は、特に一本目の佐々木さんの講演が必見ですので、5:30ぐらいからご覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/27923426 (佐々木るりさん講演)
http://www.ustream.tv/recorded/27924878 (佐々木さんと石丸との対談)
http://www.ustream.tv/recorded/27926013 (ダイアログ前半)
http://www.ustream.tv/recorded/27927258 (ダイアログ後半)

アースダイアログ 子どもと未来について語ろう

「福島に生きる今を聴く」

〜佐々木るりさんをお迎えして~


来る12月22日(土)、
映画「内部被ばくを生き抜く」で紹介され、その生き様と暮らしぶりで全国に感動と共感の輪を拡げている佐々木るりさんをお迎えして、お話を聞く会と,互いの話を聞き合う会(アースダイアログ)を持ちます。

あの東日本大震災から2年弱。
原発事故があり、放射能汚染という今まで経験したこともないことと向き合いながら、大きな葛藤や揺らぎの中を過ごすこととなりました。
生まれ育ったところを離れた方、残った方。分かれて暮らすことを選んだ家族、一緒に暮らすことを選んだ家族。それぞれの大きな選択を経ての今があるのかもしれません。
日々の生活という視点で見た時には、食品の選択、給食や行事の葛藤など様々あります。一方、更に高い線量の地に住む方はどうなのだろう?という気持ちも湧きます。

あれから二年弱を経たこの2012年末、
日本が大きく変わっていく転換点にある今、
それぞれの葛藤や揺らぎも感じながら、
自分は、そして社会はどこにシフトしていくかを見つめ、
共に考える機会を持ちます。

:::::::::::::::::::::::::::::::

今回、福島県二本松市から,佐々木るりさんをお迎えします。
まずは、佐々木さんが首相官邸前で訴えをされた時の映像をご覧ください。



福島で、ご自分の5人のお子さんや、幼稚園で関わる子どもたち、
沢山の周りの方々と共に生きておられる佐々木さんのお話は、
必ずや東京(周辺)に生きる我々の心に強く訴え、
福島の今を知り、自分や東京・日本を深く見つめる機会を与えて下さると思います。

佐々木さん、佐々木さんご一家・グループの取り組みは、多岐にわたります。
日々の暮らしから放射性物質を排する努力。
甲状腺検査や子どもたちの状況を発信し、世論を喚起し続けるバイタリティ。
市民測定所「TEAM二本松」における食品の測定、ホールボディーカウンターを導入しての身体の測定。
安全食材の分かち合い。除染の取り組み。
幼稚園、お寺の運営をしながら、地域社会で放射能問題に取り組み続ける姿勢。。

ぜひ、佐々木さんのお話を,多くの皆様にお聞き頂きたいと願っております。

プログラムの中盤は、佐々木さんと、こどもみらい測定所代表石丸の対談。
放射能測定の現場で不安を抱えた多くの方々と接してきた石丸と佐々木さんが語り合います。

最後は参加している人同士で話を聞き合う対話(ダイアログ)。
日頃は聞けないこと聞いてみたり、言葉にしづらいことを口にしてみることで、
これからの未来への活力が湧き、
会場にお越し頂いたお一人一人にとって
大切な原点を確認し、シフトの先を考える機会になるのではないかと予感しています。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時12月22日(土)11:30開場
12:00開始 15:30終了
場所カフェスロー  国分寺南口より徒歩5分
東京都国分寺市東元町2-20-10 TEL : 042-401-8505
http://www.cafeslow.com/
参加費1500円
定 員60名

《ゲストプロフィール》

◯メインゲスト:佐々木るり
1973年生まれ。福島県二本松市在住。
真宗大谷派寺院 真行寺で副住職の夫と共に寺務職の傍ら、寺に隣接する同朋幼稚園の教諭。五児の母。

福島第一原発事故以降、こどもたちを被曝の影響から守るために、園児の母たちと「ハハレンジャー」を結成し、全国から送られてくるお野菜支援の青空市場開催、セシウム0の園児食「るりめし」作り、講演等で活動中。



○対談:石丸偉丈(こどもみらい測定所代表)
1972年神戸生まれ。キャンプリーダーやフリースクール運営他、保育・教育に携わって約20年。障害のある連れ合い・娘と生き、悲喜こもごもの兼業主夫行10数年。子ども好き。放射能については一から勉強してきたので、分からない人の気持ちはよく分かる。
カウンセリングマインド気質。早大独文卒。



【プログラム】

■開場(11:30)

■オープニング (12:00)

■第一部 トーク (12:10~12:50)

 佐々木るりさん「福島に生きる今を聴く」

<休憩15分>(12:50~13:05)ランチタイム
 ワンドリンク付です。
 カフェスローの自然食ランチのメニューもありますので
 どうぞご堪能ください(実費)
 プログラムには食事をしながら参加できます
 
■第二部 対談(13:05~13:40)

 佐々木るりさん
 石丸偉丈 さん(こどもみらい測定所代表)

 ー会場のみなさんとも一緒に話しましょうー
※質問があるかたは、お申し込み時に、備考欄にお書き込みください。

<休憩10分>(13:40~13:50)


写真は、第四回の野呂美加さんのお話

■第三部 アースダイアローグ(13:50~15:20)

第一部・第二部で感じたことを、ぜひ言葉にしてください。
不安も希望も言葉にして聞き合うことで、共感が生まれ、今後に
むけてのエネルギーが湧いてきます。

■閉会(15:30)

全体ファシリテーター:赤塚丈彦・島崎湖

※ワンドリンク付きです。また会場では、
通常のCafe Slowのお食事他のメニューもご用意していますので、
カフェ気分で対話をお楽しみください。




【主催】
◯こどもみらい測定所
東日本大震災後、母親達が中心となって動き出した「子どもたちを放射能
から守る全国ネットワーク」を母体として生まれた民間の放射能測定所。
国分寺カフェスローという自然食カフェと同じ場所に位置し、多くの人が
訪れる中、科学的なデータを提供するだけでなく、様々な相談にも応じ、
市民の立場に寄り添った活動を展開している。

◯アースデイ東京
毎年4月に開催される日本最大の環境市民フェスティバル「アースデイ東京」
の主催団体。6月にブラジルで開催された国連地球サミット(リオ+20)に
向けてアースダイアログ・プロジェクトを立ち上げ、各地で対話による草の
根の声を集め、JapanVoicesという形で複数の団体とともに世界に共有した。
JapanVoicesは「7つのシフト5つの提言」としてまとめられており、今回の
イベントもシフトについて考える機会として企画されている。

【協力】
自然育児友の会
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
カフェ・スロー
※このイベントは地球環境基金の助成を受けて開催されます。

※2011年9月から2012年3月まで毎月開催した
アースダイアログ~子どもと未来について語ろう~(全七回)の模様がこちらからご覧になれます。

http://memoli4future.com/kodomira/movie/entry-9129.html

アースダイアログ < 動画

2012年11月25日 16:05:54

タグ
pickup

関連ページ