ハンディ版『はかる、知る、くらす。』


 このたび、こどもみらい測定所は、国際協力NGOセンター(JANIC)とADRA JAPANの三者で共同制作したハンディ版の冊子『はかる、知る、くらす コミック版』をリリースいたしました。

 この冊子は、先立ってリリースした『はかる、知る、くらす。』のイラスト部分を中心に据え、市民測定所の役割などを伝えるコミックを巻頭に付け、ふりがなや詳細な用語解説を加えました。オリジナルの『はかる、知る、くらす。』のエッセンスを凝縮し、小学校高学年以上のお子様たちにも読んでいただけるようにしたものです。イトウエルマさんの優しいイラストも相まって、親近感を抱かせる内容になったと感じています。

 原発事故から3年がたち、被災地への「帰還」を選択する方々も増加しています。そんな「いま」、追加の被ばくを少しでも減らしながら日々を暮らす大切さを再確認し、少しでも多くの方々と共有したい、という思いから、この冊子は、他シリーズと同様「無料」で配布しております。インターネット等での注文と同時に、冊子を常備する「配布拠点」を、福島県を中心に設置し、気軽に手に入れられるようにしています。

 今回、配布拠点を20箇所以上同時に設置し、配布をいたします。お手に取って、ご家族やお仲間たちとご覧いただければと願っております。既にリリースした『はかる、知る、くらす。』と併せてお手元に置いて、状況に応じて読みわけていただくこともできます。

 なお、このハンディ版に関しては、今後、福島県を中心に開催を予定している、子ども向けの放射能に関する出前授業「はかる、知る、教わる(仮題)」においても、教材として使用して行く予定です。都度、情報をお伝えいたします。

『はかる、知る、くらす。』編集長 服部夏生


『はかる、知る、くらす。 コミック版』 A5版32P 非売品(無料配布)
さらなる詳細・お申込みについては  http://kodomira.com/HSK.html をご参照ください。


シェアする