「はかる、知る、くらす。」 A5版64ページ (非売品)

「こどもみらい測定所」と「国際協力NGOセンター (JANIC)」、「ADRA Japan」の三者で共同制作した冊子「はかる、知る、くらす。」が完成しました。
 原発事故から3年がたった今、どのようなことを、どのように気をつけて暮らして行けばいいのかを、専門家の先生がたにお話を伺い、わたしたちと仲間が積み重ねてきた知識をまとめた本です。

 冊子は、無料で配布しています。お求めの方は、
お申し込みフォームから入力するか、配布拠点にてお受け取りください。
 尚、送料のご負担をお願いしております。

 お読みになった方には、ぜひ感想やご意見を下記のフォームにてご記入いただけますと幸いです。
 どうぞよろしくお願いいたします。
ご感想ご記入フォーム



【もくじ】

第1章 放射能ってなに?
●菅谷昭さんに聞く「被ばくによる健康被害と、私たちができること」

第2章 放射線測定について
●小豆川勝見さんに聞く「測定を続けることの意義」
●座談会「市民測定所が見てきたこと、これから行なうこと」

第3章「これから」をくらすために
●絵で見る「これからをくらすためのポイント集」
●5つの気をつけること

●コラム「おすすめの書籍 〜放射能をよりよく理解するために」「市民測定所ってどんなところ?」「マイクロホットスポットを『見える化』する」
●全国主要市民測定所&全国主要保養協力団体リスト
●東アジア原発マップ
●用語集

パーソネル
共同監修:菅谷昭(松本市長)/小豆川勝見(東大環境分析化学助教)
協力:新井かつ子(CRMS市民放射能測定所 福島)/吉野裕之(シャローム災害支援センター)

表紙と扉の絵:松本春野
第3章の絵:イトウエルマ
菅谷さんインタビュー写真:加藤晋平




【巻頭言】

陽の当たる場所

日本で原発事故が起こってから、
わたしたちは、いくつもの「選択」をかさねてきました。
とどまる、移住する、もどる……。
ひとりひとりで、あるいは、家族で、なやみながら選んだ、いまの「くらし」。
その選択は、ひとしく尊重されるべきものだと思います。

この冊子は、みなさんそれぞれの、くらしの中で、
とくに気になる「放射能」への対策として、
どのようなことを、どのように気を付けていけばいいのか、
とくにだいじと思われることにしぼって、
信頼できる先生がたにおはなしをうかがいながら、
わたしたちが、仲間とつみかさねてきた知識をまとめた本です。

まず、はかること。
そして、知ること。
それが、「これから」をくらすために、
シンプルだけど、大切なものごとです。

いくつもの夜明けを、みなで超えた、その先が、
子どもたちの笑顔と、青空がひろがる、
陽の当たる場所であることを祈りながら。

そんな思いで作りました。

♣ ♣ ♣

この冊子ができるまで、テーマに関して、チームでいくども話をしました。どんな暮らし方をするか、というひとりひとりの選択をまずは尊重すること。その上で、追加の被ばくをできるだけ少なくするため、3年をかけて仲間たちと積み重ねた「知識」と、信頼できる先生がたの「知見」をわかりやすく紹介すること。何回話しても、結論はそこに行きつきました。上に転載した巻頭言は、そんな私たちの思いを託したものです。ひとりでも多くの方が、手もとにおいて、折りにふれ、目を通していただけたら。そう願っています。 
                      (『はかる、知る、くらす。』編集長 服部夏生)


2011年3月の原発連続事故以来、本当に多くの混乱と葛藤、苦しみが生じました。情報が錯綜する中、何が信頼できる情報かを見分けることの重要性が高まり、全国に市民測定所が沢山立ち上がりました。3年の月日が経過し、情報をよく知れば安心できることと、未だに判断がつきにくく不安が残る面があります。それらを見分け、少しでも安心要素が増え、また無用な被曝が避けられることへとつながるよう、この冊子が役立ってゆきますことを願っております。
                      (「こどもみらい測定所」代表 石丸偉丈)




【申し込みページ】
お申し込みは http://kodomira.com/HSK.html


♣ ♣ ♣

*第3章「『これから』をくらすために」の一部表現についての補足

ベランダや家の周囲の水洗浄について、とくに放射線量の高い地域では、放射性物資を含む恐れのある水の飛散に配慮し、洗浄後の水の回収と適切な処理を行う必要があります。それ以外にも、除染の技術や方法・ルールは日々変化しており、地域によっても違います。必ず地元の行政に確認してください。

♣ ♣ ♣


「はかる、知る、くらす。 パンフレット」 (非売品) 市民測定所のリスト等を紹介することで、「測って、知る」ことの大切さを紹介した冊子ダイジェスト版。


来る5月19日(月曜)に、東京くにたちの「ジャスミンカフェ」さんで、
当所代表石丸のお話会があります。

事故後三年間、放射能を測定し続け、食品や土壌、空間線量の状況を具体的に見続けてきた経験と、
大量のデータを検証してきた目から見た、
震災後の現状を、スライドをご覧いただきながらお話しし、
アットホームに質疑にお答えして参ります。

食品の汚染状況、
各地の状況をお知りになりたい方、
放射能について、丁寧に理解をしたい方、
是非ご参加ください。

当日は、エッセンスを凝縮した放射能対策の冊子もプレゼントさせて頂きます。

詳細は、チラシをご確認下さい。
昼の部:13:30~16:00
夜の部:18:30~21:00
会費:2000円+ワンオーダー

ジャスミンカフェサイトはこちらです。http://ameblo.jp/jasmin-cafe/



私たち「こどもみらい測定所」が、NGOの「「国際協力NGOセンター(JANIC)」「ADRA Japan」と制作した冊子「はかる、知る、くらす。」が完成しました。

原発事故から3年がたった今、どのようなことを、どのように気をつけて暮らして行けばいいのかを、専門家の先生がたにお話を伺い、わたしたちと仲間が積み重ねてきた知識をまとめた本です。




♣ ♣ ♣

もくじ

第1章 放射能ってなに?
●菅谷昭さんに聞く「被ばくによる健康被害と、私たちができること」
●コラム「おすすめの書籍 〜放射能をよりよく理解するために」

第2章 放射線測定について
●小豆川勝見さんに聞く「測定を続けることの意義」
●座談会「市民測定所が見てきたこと、これから行なうこと」
●コラム「市民測定所ってどんなところ?」
●コラム「マイクロホットスポットを『見える化』する」

第3章「これから」をくらすために
●絵で見る「これからをくらすためのポイント集」
●5つの気をつけること

全国主要市民測定所&全国主要保養協力団体リスト
東アジア原発マップ
用語集

*パーソネル
共同監修:菅谷昭/小豆川勝見
協力:新井かつ子/吉野裕之

表紙と扉の絵:松本春野
第3章の絵:イトウエルマ
菅谷昭さんインタビュー写真:加藤晋平



♣ ♣ ♣

「はかる、知る、くらす。」お申し込みページ
http://kodomira.com/HSK.html

♣ ♣ ♣

4/19(土)、20日(日)、東京・代々木公園で開催されている
「アースデイ東京」( http://www.earthday-tokyo.org/ )
こどもみらい測定所ブースで無料配布していますので、どうぞおこしください。

20日(日)16:00より
「オフィシャルトークステージ」( http://www.earthday-tokyo.org/2014/04/14/695 )で、
代表の石丸と、冊子編集長の服部、そして、
冊子の共同監修を引き受けていただいた東大環境分析化学助教の小豆川勝見さんの3名で
「はかる、知る、くらす。子どもたちを放射能から守るために」
と題してトークライブを行ないます。
ご都合つきましたら、ぜひおこしください。


2014年3月20日(木)、13時から、
国分寺本町・南町地区センターにて、「食卓に上がった放射能の現状」と題した講座に、
石丸が講師で伺います。

よろしければ、どうぞお越しください。

測定してきての現状や、測定情報の読み解き方、
その他、放射能に関するいろいろな情報の共有をさせて頂きます。



こどもみらい測定所メールマガジン No.13

木の葉舞い散る季節の中、街はすっかり冬の様相となってまいりました。
お元気でしょうか。
こどみらNEWSをお届けいたします。

<contents>
■みんなで測ろうプロジェクト、スタートいたしました。
■秋・冬の収穫物の測定が増えてきています。
■お魚プロジェクト、準備中です。
■12月12日(木)、こどみらお話会があります。
■14日(土)夜、「ぶっちゃけどうなの?放射能」宍戸慈さん