私たち「こどもみらい測定所」が、NGOの「「国際協力NGOセンター(JANIC)」「ADRA Japan」と制作した冊子「はかる、知る、くらす。」が完成しました。

原発事故から3年がたった今、どのようなことを、どのように気をつけて暮らして行けばいいのかを、専門家の先生がたにお話を伺い、わたしたちと仲間が積み重ねてきた知識をまとめた本です。




♣ ♣ ♣

もくじ

第1章 放射能ってなに?
●菅谷昭さんに聞く「被ばくによる健康被害と、私たちができること」
●コラム「おすすめの書籍 〜放射能をよりよく理解するために」

第2章 放射線測定について
●小豆川勝見さんに聞く「測定を続けることの意義」
●座談会「市民測定所が見てきたこと、これから行なうこと」
●コラム「市民測定所ってどんなところ?」
●コラム「マイクロホットスポットを『見える化』する」

第3章「これから」をくらすために
●絵で見る「これからをくらすためのポイント集」
●5つの気をつけること

全国主要市民測定所&全国主要保養協力団体リスト
東アジア原発マップ
用語集

*パーソネル
共同監修:菅谷昭/小豆川勝見
協力:新井かつ子/吉野裕之

表紙と扉の絵:松本春野
第3章の絵:イトウエルマ
菅谷昭さんインタビュー写真:加藤晋平



♣ ♣ ♣

「はかる、知る、くらす。」お申し込みページ
http://kodomira.com/HSK.html

♣ ♣ ♣

4/19(土)、20日(日)、東京・代々木公園で開催されている
「アースデイ東京」( http://www.earthday-tokyo.org/ )
こどもみらい測定所ブースで無料配布していますので、どうぞおこしください。

20日(日)16:00より
「オフィシャルトークステージ」( http://www.earthday-tokyo.org/2014/04/14/695 )で、
代表の石丸と、冊子編集長の服部、そして、
冊子の共同監修を引き受けていただいた東大環境分析化学助教の小豆川勝見さんの3名で
「はかる、知る、くらす。子どもたちを放射能から守るために」
と題してトークライブを行ないます。
ご都合つきましたら、ぜひおこしください。


2014年3月20日(木)、13時から、
国分寺本町・南町地区センターにて、「食卓に上がった放射能の現状」と題した講座に、
石丸が講師で伺います。

よろしければ、どうぞお越しください。

測定してきての現状や、測定情報の読み解き方、
その他、放射能に関するいろいろな情報の共有をさせて頂きます。



こどもみらい測定所メールマガジン No.13

木の葉舞い散る季節の中、街はすっかり冬の様相となってまいりました。
お元気でしょうか。
こどみらNEWSをお届けいたします。

<contents>
■みんなで測ろうプロジェクト、スタートいたしました。
■秋・冬の収穫物の測定が増えてきています。
■お魚プロジェクト、準備中です。
■12月12日(木)、こどみらお話会があります。
■14日(土)夜、「ぶっちゃけどうなの?放射能」宍戸慈さん


■ 快医学講座 入門編 ■
  ~自然治癒力を高めるために


快医学の入門講座です。
快医学の基本である、操体法、内臓の手当法、ライフエネルギーテストを学びます。

お手当て会
日 程2014年1月17日(金) 
時 間10時開場  10時半~12時半(途中休憩時間があり)
講 師橋本俊彦(はしもと治療室・鍼灸師)
参加費1500円(テキスト・資料代込み)
定 員12名

#快医学10時間講座
#日 程,2014年1月17日(金) 
#時 間,9時半開場  10-16時(途中休憩時間があり)
#講 師,橋本俊彦(はしもと治療室・鍼灸師)
#参加費,18000円(テキスト・資料代込み)
#定 員,12名



高性能の空間線量計「ホットスポットファインダー」を使って首都圏の各地を計測する「みんなで測ろうプロジェクト」が始まりました。計測レポートをこれから随時ご紹介していきます。

はじめに

 2011年末の開所以来、土壌や食品を測定してきた「こどもみらい測定所」。

測定の件数も増え、さまざまな方とつながっていく中で、空間線量も計測することで、より皆さんが311後の日本で暮らすための「情報」を提供したい、と考えるようになっていました。

 そんなときに現れたのが、高性能の空間線量計「ホットスポットファインダー」。製造・販売元のポニー工業さんのご厚意で実際に使用して、その機能の高さに驚かされ「ぜひこれを手に入れたい」と思いました。そこで「クラウドファンディング」という募金システムを利用して、購入資金を集めることにしたところ、皆さまのあたたかいお気持ちとたくさんのご協力をいただき、無事に購入することができました。

 さて、クラウドファンディングにご協力くださった方々にお約束したことがありました。

「皆さんのご意見をお伺いして、首都圏で特にご要望が多かった、あるいは、重要性の高いと感じた場所を何カ所か測定します。その際は、ぜひ皆さんもご参加ください」

 メールでお伺いしたほか、9月に開催した「放射線見える化プロジェクト」のキックオフミーティングでも皆さんにお話をお伺いしました。


 いただいたご意見やご希望をもとに、いくつか測定プランを作り、11月にまず、ふたつのコースを計測してきました。今回から二回に分けてその際のレポートをお送りいたします。文は、放射線見える化プロジェクトチームの服部が担当いたします。

 今後も随時、計測を行ないながら、その模様をレポートでお伝えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。