このイベントは終了しました。

来る11月18日(日)、土と平和の祭典に出典いたします。
高精度の空間線量計と、これまでの測定データを持ってゆき、測定や放射能に関するご相談やプチ講座などを開催いたします。

また同時に、「ホットスポットファインダー」という、google earthと連動して空間線量を表示できる非常に高性能な測定器(ポニー工業様お取り扱い)のデモや、
HARE PMT-01」という軽量な食品放射能γスペクトロメーターのデモも行っております。

ぜひ当日、こどみらブースによろしければお越しくださいませ。

以下、「ホットスポットファインダー」で11月16日(金)に,歩いて測定してくださった空間線量のマップ画像を掲載いたします(Google Earthでデータを読み込んだ画面写真)。地上50cmで測定したので、1m測定よりは少しだけ数値は高めになる傾向があります。

この日比谷公園のマップを見る限り、地上50cmでの空間線量は、一般的な数値内に収まっているようです。

こどもみらい測定所ブースは、赤丸のあたりになります。


:::::::::::::::::::::::::::::::

以下は、google map上に,ホットスポットファインダーのデータを読み込んで,表示させた地図です。詳細情報もご確認頂けます。
数時間でこのような地図として、歩いているだけでデータ取得できるのはすごいですね。


より大きな地図で 日比谷公園の空間線量マップ(H24.11.16) を表示

ホットスポットファインダーは、お値段が100万強となかなか手が出ませんが、性能は非常に魅力的なものであると感じました。
昨年、測定関連で話題になり、我々も注目していた浜松フォトニクスの放射線検出モジュールが使用されています。(先日リンクを貼らせて頂いたセンサーよりも20倍高感度なセンサーを使用していることが判明いたしました。誤った情報でしたので訂正させて頂きます。)

「街中を測定する」「地域を測定する」「そこそこの範囲のあちこちを測る」などのニーズにはもってこいの測定器ですね。


シェアする