■ 快医学講座 入門編 ■
  ~自然治癒力を高めるために


快医学の入門講座です。
快医学の基本である、操体法、内臓の手当法、ライフエネルギーテストを学びます。

お手当て会
日 程2014年1月17日(金) 
時 間10時開場  10時半~12時半(途中休憩時間があり)
講 師橋本俊彦(はしもと治療室・鍼灸師)
参加費1500円(テキスト・資料代込み)
定 員12名

#快医学10時間講座
#日 程,2014年1月17日(金) 
#時 間,9時半開場  10-16時(途中休憩時間があり)
#講 師,橋本俊彦(はしもと治療室・鍼灸師)
#参加費,18000円(テキスト・資料代込み)
#定 員,12名


自民党の高市早苗氏から「原発事故で死亡者が出ている状況ではない」という再稼働のための発言がありました。
福島での原発事故を矮小化、他人ごととしていく、恐ろしい流れの一環であり、象徴的でした。
福島で起きた原発事故問題は、東京電力の原発が事故を起こしたという時点で、明らかに我々東京・関東の人間の問題でもあり、日本全体の問題です。

今回お迎えする一枝(いちえ)さんは、幼少期から「チベット」とあだ名されるぐらい、なぜかチベットが大好きで、大人になってから実際にチベットに通い始め、
現地の問題や苦しみを共有し、地道に支援を続けてきておられる方です。
その一枝さんが、震災以降は、福島に通われ、現地の方々と繋がり、支援する活動も開始されました。

震災以降、原発事故による苦しみ・津波の惨禍の現場で、現地の方々と繋がり続けてきた一枝さん。
東京で、「福島の声を聞く」と題し、福島の方々をお呼びして、話を聞く会も続けておられます。
一枝さんの支援活動の一環である南相馬での試験田実験に、
計測でこどもみらい測定所も協力させて頂いておりますが、
お会いする度に、一枝さんの活動とお話しには、いつも心打たれます。

原発事故以降2年半近くが経過しました。
風化させてはなりません。
この惨禍を繰り返さぬために、
今とこれからをより良くしていくために、
私たちは変化を生み出さなくてはなりません。
一枝さんと共に、ぜひ、感じ考える機会を持ちましょう。

多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

【日時】2013年8月17日(土)13時開場 13時半開演
【場所】国分寺カフェスロー(当日、カフェスローは営業しておりませんので、ドリンクや食事はお出しできませんので、ご了承下さい。)
【会費】1500円
【お問い合せ】info☆kodomira.com(☆を@に変えてご連絡下さい)

【渡辺一枝(いちえ)さんプロフィール】
作家。危機にあるチベット民族の支援を続けると共に、東日本大震災および原発事故の被災地で、現地ボランティアと支援活動を続け「一枝通信」で伝えている。
著書に『ハルビン回帰行』『チベットを馬で行く』など多数。最新刊に『消されゆくチベット』がある。


今年1月に、こどもみらい測定所主催のお話会に来てくださった、
ウクライナ訪問をしてきた福島女子
 宍戸慈(ちか)さんが、
再びカフェスローに来てくださいます。

ウクライナで出会ってきた方々との実際の交流映像(限定公開)を見ながら、
慈さんに、
「福島と、ウクライナと、私たち」と題して、
こどみら石丸が聞き手となり、
ぶっちゃけトーク(?)で進行。

福島県民健康調査では、更に甲状腺ガンが見つかった子ども数が増え、
気になる時期です。
慈さんを囲んで、深く語り合いましょう。

どうぞ皆様、お越しください!!

+ 7月17日(水)in 国分寺 
【時間】19:00-21:30(18:30開場)
【会場】国分寺カフェスロー  国分寺市東元町2-20-10 TEL:042-401-8505
【参加費】1500円(1drink付き) *別途、おむすびなどの軽食ご用意しています
【申込/問合せ】korekaranokurashi@gmail.com
【主催】これからの暮らし、応援隊
【協力】カフェスロー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その日の15時からは、
慈さんのピラテスの会もあります。

お話会の前は、ピラテスで、体も健やかに。

+7月17日(水)in 国分寺 +
【日時】7月17日(水)
【会場】国分寺カフェスロー 別棟2階ワークショップスペース
 国分寺市東元町2-20-10 TEL:042-401-8505
【内容/時間】カフェピラティス 15:00-16:30
【参加費】3000円(ピラティス+オーガニックハーブティ付き)
【申込/問合せ】korekaranokurashi@gmail.com
【主催】これからの暮らし、応援隊


こちらの講座は、お陰様で多数の方にお越し頂き、様々な余韻を残して終了いたしました。
以下に、動画がアップされています。よろしければ、どうぞご覧ください。
http://memoli4future.com/kodomira/movie/entry-9804.html

:::::::::::::::::::::::::::::::

福島女子として、福島からのメッセージを発信し続ける「peach heart」の共同代表
宍戸慈(ししどちか)さんをお迎えして、お話を聞く会を持ちます。

宍戸さんは、
福島の今後を想い、ウクライナに絶対行きたいという強い思いを抱き、
昨年11月、とうとう視察旅行を実現されました。

今回のお話会では、
地域の学校で未だに健康面で優れない子どもたちも多くいることに考えさせられた体験や、
事故から26年を経て暮らしている現地の方々との交流体験など、
現地での様々な体験談をお聞きします。
また、福島で原発事故以来の宍戸さんの体験談(いろいろびっくりです)も、併せてお聞きします。

宍戸さんの体験に基づくお話は、とても引き込まれるものがあります。
皆様、福島・日本のこれからを考えるためにも、どうぞ宍戸さんのお話を聞きにお越しください。

日時:1月27日(日) 13:30〜
会場:カフェスロー奥「自然育児友の会」事務所内
会費:2000円
定員:20名
お申し込み:このページの下のお申し込みフォームにてよろしくお願い致します。


<宍戸慈(ししど・ちか)さんプロフィール>

パーソナリティ。1983年福島県福島市生まれ。
福島県立福島女子高等学校卒業後、地域情報誌フリーマガジン「dip」のエディター兼プランナーを7年間務める。
地域の人に会い、話を聞き、取材してきた経験から、2010年より独立しラジオパーソナリティとしての活動も開始。郡山コミュニティ放送開局からレギュラー番組を担当。
2011年3月11日東日本大震災発生直後から、同局にて原発事故のニュースや・ライフライン情報を伝える緊急生放送を24時間体制で敢行。当初の支援が母子に集中することへの違和感から、福島女子による当事者団体「peach heart」を設立。同年12月単身で北海道に避難。
2012年3月より、コミュニティFM局をネットし、避難先と福島を繋げる番組「カラカラソワカ」パーソナリティを担当、NHK FM「ココロウタ」レギュラーゲスト出演中。
11月チェルノブイリ原発事故の被災地ウクライナへ訪問。26年後の放射能被害の現状を取材し、「週刊金曜日」「女性自身」などの週刊誌に執筆。
福島から未来を考える講演会やワークショップを各地で開催中。

:::::::::::::::::::::::::::::::

<ウクライナ土産のお話>
先日、CRMSせたがやさんのゲルマニウム半導体検出器で、
宍戸さんが持って帰られた「クルミ」と「乾燥リンゴ」の測定をして頂きました。
http://www.crms-jpn.com/mrdatafoodcat/food_fruits.html
№9622のクルミと、№9680の乾燥リンゴがそれになります。
半減期30年ほどのCs-137のみが、微量ですが両方共に検出されていて、考えさせられました。

乾燥リンゴ:Cs-137…2.58±0.70Bq/kg、Cs-134…<2.00Bq/kg未満不検出
クルミ:Cs-137…5.21±0.75Bq/kg、Cs-134…<2.70Bq/kg未満不検出

:::::::::::::::::::::::::::::::


このイベントは終了しました。

来る11月18日(日)、土と平和の祭典に出典いたします。
高精度の空間線量計と、これまでの測定データを持ってゆき、測定や放射能に関するご相談やプチ講座などを開催いたします。

また同時に、「ホットスポットファインダー」という、google earthと連動して空間線量を表示できる非常に高性能な測定器(ポニー工業様お取り扱い)のデモや、
HARE PMT-01」という軽量な食品放射能γスペクトロメーターのデモも行っております。

ぜひ当日、こどみらブースによろしければお越しくださいませ。

以下、「ホットスポットファインダー」で11月16日(金)に,歩いて測定してくださった空間線量のマップ画像を掲載いたします(Google Earthでデータを読み込んだ画面写真)。地上50cmで測定したので、1m測定よりは少しだけ数値は高めになる傾向があります。

この日比谷公園のマップを見る限り、地上50cmでの空間線量は、一般的な数値内に収まっているようです。

こどもみらい測定所ブースは、赤丸のあたりになります。


:::::::::::::::::::::::::::::::

以下は、google map上に,ホットスポットファインダーのデータを読み込んで,表示させた地図です。詳細情報もご確認頂けます。
数時間でこのような地図として、歩いているだけでデータ取得できるのはすごいですね。


より大きな地図で 日比谷公園の空間線量マップ(H24.11.16) を表示

ホットスポットファインダーは、お値段が100万強となかなか手が出ませんが、性能は非常に魅力的なものであると感じました。
昨年、測定関連で話題になり、我々も注目していた浜松フォトニクスの放射線検出モジュールが使用されています。(先日リンクを貼らせて頂いたセンサーよりも20倍高感度なセンサーを使用していることが判明いたしました。誤った情報でしたので訂正させて頂きます。)

「街中を測定する」「地域を測定する」「そこそこの範囲のあちこちを測る」などのニーズにはもってこいの測定器ですね。